選択する権利は未だに女性側が主導権を握っている

選択する権利は未だに女性側が主導権を握っている

今は見つからなくていい。いつしか必ず二人して幸福になってみせる。
その思いがあれば花束を用意してプロポーズできる日が訪れる(はず)です。

 

結婚が人生の節目であることは自明の理です。男性にとっても、はたまた女性にとってはそれは全く同じこと。違うのは、いくら時代が変わったと言っても求婚を申し出る側は依然として男性が主体であるあるのに対して、それを選択する権利は未だに女性側が主導権を握っていることですよね。

 

これからもこの構図はおそらく変わらないでしょう。私は幸いか不幸かは判じかねますので、私なりの理想のプロポーズについて語らせて頂きたと思いました。

 

晩婚化がこれだけ進むと、かえってありがたいという面も意外に増えるのではないでしょうか。
子供を授かりにくくなるというきらいはありますが、住宅事情の悪い日本では致し方の無い点もあるので、年齢が高くなるというデメリットだけを考えることは無いはずなのです。理想の結婚というのはまあ幻想ですよね。

 

自分の実力を鑑みると、それがいかに高望みであるかということがひしひしと感じられますよね。でも相手も実はそうなのです。

 

深刻に考え込んで意気消沈することはもうやめにしませんか。自分を素直に認めてみること。これが一番大切なのです。両親や兄弟や周囲の友人たちがこぞって結婚に前向きになるように教え諭してところで、相手が必要であるので一人ではどうしようもありません。

 

気の乗らない見合いを続けたところで時間と費用のムダということに直結するというのが社会の実情ですからね。私は自分に自信を持ってもらいたいのです。そして形ばかりの幻想を吹っ切れた時に幸福の青い鳥がむこうの方から訪れてくれることを信じてやまないのです。確かに甘く愚かな考えの部分もあります。

 

しかし、愛情というのは数学の公式のようにはいかない摩訶不思議な世界なので、やたらめったら邁進するだけでも効果が現れるとも限らない、非情さが人生の機微なのです。

 

自分を認めて素直になれたら、肩の重荷が取れてすっきりしますよ。そのありのままの自分を受け入れ、さらにその人を最愛の人とすれば、全ての問題は解決するのです。

 

え、そう言う私はどうかですか?。私も人を愛する訓練に日夜励んでいますよ。
さあ、お互いに溢れる思いの丈をぶつけて幸せになろうではありませんか。

page top